虫歯は絶対に放置してはいけない!ホームホワイトニングジェルの効果も下げてしまいます

左の奥歯に違和感を覚え始めたのが、夏のことでした。

虫歯の放置はホームホワイトニングジェルの効果を下げる!

食べるたびに痛むような気がしたのです。
歯は痛みを感じさせることで、私に異常を知らせてくれていたのに、子供の頃から歯医者が大嫌いな私は、そのことに気付きながらも、歯の訴えを無視し、封じ込めていたのでした。
食事の時は、右側で噛むようにすればいいし、できるところまで我慢しよう、というつもりでいました。
痛みは日に日に強くなっていましたが、我慢ができる範囲だったので、1カ月、2カ月と過ぎて行きました。
でもとうとう、痛みを初めて感じてから3カ月目に入った頃、痛みはピークに達し、起きていても、寝ていても、動いていても、じっとしていても絶え間ない痛みが襲ってくるようになりました。そしてその頃には痛み止めの薬を飲んでも効かなくなっていました。
やっと歯医者に予約を入れ、幸いすぐに診てもらうことができたのですが、ルートカナル(根管治療)が必要なため、専門医で治療をしてもらってくださいと言われ、また予約を取り直すことになりました。予約を取ることができたのは一週間後。

その間は、強い痛み止めと、抗生物質を処方してもらっただけで、乗り切るしかありませんでした。
強い痛み止めも、気休め程度で、それほど効くわけではありませんでした。
やっと根管治療をしてもらえる日を迎え、先生から施術の説明を受けた後、「この傷みはなくなりますか?」と質問すると、「ましにはなります」との答え。
「もちろんなくなりますよ」という答えを期待していたので、一抹の不安はありましたが、とりあえず治療を受けました。
治療後すぐは、まだ痛みはありましたが、治療したばかりだから痛いのだろうと思っていました。

しかし、2日、3日と経っても、痛みは依然続きました。
根管治療が終わってから、さらに一週間ほどした頃、最初の歯医者に戻って、クラウンをしてもらうことに。
根管治療も、クラウンも、部分麻酔はしてもらうものの、口の中で大工事が行われているような感覚で、顎が砕けるのではないかというほどの、激しい不快感を伴います。
治療の途中で、一度だけ、「生きて帰れるだろうか?」とさえ思いました。
もう二度と経験したくない出来事でした。
歯の痛みを感じ始めた時にすぐに歯医者に行っておけば、治療も軽く済んだかもしれません。
また放置することで、菌が血流に乗って脳まで侵すこともあるそうです。
健康に暮らすためには、口の中を良い環境に保つことが本当に大事です。
以後は、可能な限り、食後はすぐに歯を磨くなど、歯の健康に気をつけるようにしています。

虫歯を放置しているとホームホワイトニングジェルの効果を下げてしまう結果にもなりかねません。
ホームホワイトニングジェルでホワイトニングをする方法をしっかりと読んでから実践してみて下さい。

注意をする事が重要なのです。