歯茎の痛みもホームホワイトニングジェルで解消!?

かれこれ15年ほど前の我が家は子育て中だったため、それなりにお金がなくて私自身の事は大抵後回しにして夫と子供を優先していた。
大抵の家庭は、そんな時期があるのではないかと思っています。
私はもともと疲れ安くて体調を崩しやすい私は、ちょっとした発熱や歯茎の痛みなどよくありました。

ある日、例によってまた歯茎が痛くなったのですが、「なんだか奥の歯茎が痛いなぁ、生理の前だし、そのせいかな」位にしか思っていませんでした。
このころは歯が痛くなることが良くあり、かぶせ物がしてある歯まで痛むことがありましたが、暫くすると痛みが治まってしまったので放っておくことすらありました。
この頃から数年後に歯医者へ通うことがあった時に全体の健診をしてもらったときに分かったのですが、結局そのかぶせ物がしてある歯の痛みは重度の虫歯で神経を抜かなくてはならない状況いなっていました。
毎日忙しくしていたので子供の頃から虫歯になりやすかったことを、すっかり忘れてしまっていました。
でも今回は歯ではなく、歯茎。

いつもだったら1~2回しっかりブラッシングをすれば痛みが引いていたのですが、今回は違いました。
日を追うごとに痛みが増していきました。
さすがにこれはおかしいと思いましたが、それでも歯医者さんへは行かず、まずはインターネットで調べてみることにしました。
「歯茎 奥 痛い 原因」でクリック!
するとどうでしょうか、出てくる、出てくる。親知らずという言葉が。

出来れば歯医者さんへ行かず、お金を使わないでいたい(親知らずの抜歯は大変と聞くので、怖いからやりたくないという気持ちも有る)と考える私は他の原因ではないかと色々読んでみるのですが、見れば見るほど原因が親知らずへと絞られていくばかりです。
腹をくくった私は親知らずが原因だったらこの痛みは今後どのような経過を辿るのか、親知らずの抜歯はどんなものなのかを調べてインプットしました。
すると調べた経過通りに歯茎が見てわかるほどに腫れ始め、頬も膨らみ始めたのでした。
これはもう抜くしかないのだとわかっている分、「歯茎に穴が開く」だとか「血がいっぱい出る」という情報に酷くナーバスになっていました。
「状態によって歯医者さんへ行っても、抜歯しないこともある」という自分に都合の良い情報を希望に、重いペダルをこぎながら歯医者さんへむかいました。

誰もいない待合室で、私は緊張MAX、不安はメーターを振り切っていたところ、私の名前が呼ばれ診察台に横たわります。
「あ~、親知らず抜いちゃいましょうか? 今日はこの後予定有りますか?」

いや、無いです。無いんです~。もしもの時のために、予め用事を済ませて空けておいたのです~。と心の中で崩れ落ちながら、努めて冷静に「いいえ」と答えました。
レントゲンの結果、私の親知らずは根も真っ直ぐで向きにも問題なく、抜歯にあまり時間がかからないタイプでした。

麻酔を打ち、のこぎりで歯を半分にし(見ていないので多分)、ノミのようなもので隙間を作ってペンチでメキメキ、ミシミシと音をさせながら抜かれました。
長く感じられましたが、時間にして10分程度だったでしょうか?
あまりに緊張してしまっていたので、麻酔の時点で気分が悪くなってしまいましたが無事に終了。
その後の経過もネット情報に合った「血が止まらない」「腫れが引かない」などのトラブルもなく、すんなりと治りました。

歯の治療をする事はもちろんですが、ホームホワイトニングジェルはこれからも家で試していきたいと考えています。

残りの三か所の歯茎に触れてみると、なんとなく歯の存在を感じたので、数か月後に抜きました。
一度怖い思いをして度胸がついていたので、滞りなくキレイさっぱり親知らずとさよならができました。
ださい。

ホームホワイトニングジェル使ってみて良かったです。