ホワイトニングジェルに必要な費用

多くの歯科では「ホワイトニング」という歯を漂白する施術を受けることができます。
普段からコーヒーや紅茶などの嗜好品を飲んでいる方は歯の色が茶色く色素沈着してしまうことで知られています。

また、歯磨きをしっかりしていて日頃のメンテナンスを欠かさず行っている方でも、元々歯の色は白色ではなく黄色っぽいためホワイトニングの施術を受けることでその効果が実感できるでしょう。
そこでこの記事では「ホワイトニング」に必要な費用と施術方法、維持の仕方などをご紹介します。

まず、「ホワイトニング」の施術費用は歯科によって様々ですが約3~4万円である歯科が多いようです。
歯を白くするだけの施術のため、保険適用外となってしまうためこのような価格になってしまうのです。

施術方法は歯科に通院して行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングの2つの形式があります。
オフィスホワイトニングは約3万円ほどで週に1度通院して1ヶ月間行われるもので、一度に大きく漂白を行うことが特徴です。

次にホームホワイトニングは約4万円ほどでマウスピースと薬剤を歯科から受け取り、約1ヶ月間自宅で行います。
どちらも最終的な効果は同じですが、ホワイトニング中も白い歯で過ごしたい方は後者のホームホワイトニングをお勧めします。

ホームホワイトニングジェルについては本サイトで詳しく解説していますので参考にしてください。

ただし、ホームホワイトニングは一度マウスピースの装着を怠ると効果が半減してしまうので、根気よく忘れずに毎日行う必要があるので注意が必要です。
一方で、オフィスホワイトニングは歯科で薬剤を塗ってもらってから日にちが経つと、徐々に元の歯の色に戻ってしまうのでホワイトニング期間中は不安になってしまう方も多くいらっしゃいます。

しかし、週に一度歯科に通院するだけなので手間が少なく、忙しい方でも問題なく行えるメリットがありますし、1万円という価格差はかなり大きいのではないでしょうか。
ホワイトニング終了後は徐々に元の歯の色に変色してしまうので、半年から1年後にもう一度ホワイトニングをする必要があります。

できるだけ白い歯を維持したい方は、月に一度程度歯科に通院して歯のクリーニングをしてもらうことでその効果を長期間持続させることは可能です。
注意点としては、ホワイトニングと表記のある歯磨き粉を使用するだけでは効果が実感できないことが多いので、歯を白くするには歯科で施術して貰う必要があります。
半年に一度ホワイトニングすると考えると、年間の維持費用はクリーニング代が2000円として約84000円となります。