こんにちは!

歯医者さんに、歯を抜いてもらったことはありますか?
私は、何回か抜いてもらったことがあります。

麻酔とホームホワイトニングジェルについて

歯医者さんに歯を抜いてもらうときには、必ず歯の根本に麻酔を打ちます。
注射の針が口の中にくる……。これは、なかなかに怖いものです。
ですが、麻酔が効かない状態での抜歯は、地獄以外の何物でもありません。

私は、乳歯がうまく抜けにくく、生え変わりの時期に何回も歯医者さんにお世話になりました。
通常は、乳歯の根っこが自然に溶けて生え変わるのですが、私の場合はうまく溶けなかったらしく、抜いてもらった歯には、毎回しっかりと根っこが残っていたのを覚えています。

そうして何回か乳歯を抜いてもらった、ある日のこと。
その日は、奥歯の乳歯を抜いてもらいに、病院の歯科へ来ていました。
後から知ったのですが、奥歯は注射器を入れづらいせいで麻酔が効きにくく、何回も打ち直すことがあるそうです。
私も例にもれず、注射器を何回も口の中に入れられたあげく、全然麻酔が効かない状態での抜歯となりました。

想像を絶する痛みでした。

家でホームホワイトニングジェルを使ってのケアはしていたのですが、ハミガキくらいでほとんど歯のケアが出来ていなかったことも原因でしょう。
その昔、まだ麻酔が発明されていなかった頃は、歯を抜くときにプロの演奏家がとなりについていて、楽器の生演奏を聞きながら抜歯することで痛みを和らげていたそうです。
ですが、麻酔の効かなかった私から言わせてもらうと、そんなのでは全く効果は無いと思います。

私の奥歯はかなり厄介だったらしく、どんなに抜こうとしても、しばらく頑固にとどまり続けていました。
歯を揺らされるたびに強烈な痛みが走り、じんじんと傷んで止まりません。
最終的に小型のドリルで奥歯を割り、バラしてから抜くことになりましたが、ドリルで割られているときが一番痛みがひどかったように思います。

後で親にそのことを言うと「失神していてもおかしくない」と言われました。
正直、気を失っていたほうが楽だったんじゃ、と思います。
それほどの強烈な痛みでした。

病院には「笑気」というガスの設備がありました。
どうしても暴れて治療をさせてくれないお子さんや、治療への恐怖が強すぎる方に使うものだそうですが、私も麻酔が効かなかったときにそれを吸わせてもらっていれば、また違う結果になったのかもしれません。

ホームホワイトニングジェルは新しい物を購入して使うようにしています。

とにかく、それからというもの、麻酔という発明は偉大だったのだと思えるようになりました。
麻酔をするときに「チクッ」とするぐらいで済むのです。
それだけであの地獄のような痛みを避けることができるのですから、大したものです。